ペットに薬を飲ませる方法

ペットに何らかの薬を飲ませる場合、普通に飲ませようとしても拒否してしまうかもしれません。
人間であれば、薬というものが理解できますし、飲むことで効果が得られるという事がわかるために、
病気になった時薬があれば飲む事もできます。

 

 

ですが、ペットは動物なので薬を飲んだら楽になれるとか、
なぜ薬を飲無必要があるのかなどが理解できないため、飲ませ方に工夫する必要があります。

 

 

ペットに飲ませるための工夫の種類について色々紹介していきましょう。

 

・他の食べ物に挟む
犬が好きな食べ物、チーズや肉、ドッグフードなどのかに包んで食べさせましょう。

 

その時の注意点としては、薬を包んだ物と包んでいない物をいくつか用意して、初めは薬が入っていない物をあげて、
大丈夫だと判断させたうえで薬の入った食べ物を渡してみてください。

そうする事で、薬を飲んでくれる可能性が高くなります。
ただ、大きい物だと途中で吐き出してしまう事がありますので、一気に飲み込めるサイズが理想的です。

 

・普通のご飯の中に混ぜる
いつも与えているご飯の中に、自然に混ぜてみてください。

 

そうすることで自然に飲んでくれるでしょう。

 

・無理やりのませる
色々な方法を試しても、なかなか飲んでくれない場合は、強硬手段として強引に飲ませてみましょう。
口を大きく広げさせて、塗りやり突っ込みますが、その際には、効き手で犬の口を開けて、もう一方の手で口の中に入れます。
そうすることで、薬を飲んでくれるでしょう。

ペットくすり通販

ペットの薬を自宅で受け取り!簡単便利ペットのお薬通販。皮膚病のお薬も豊富!